いつも心に平穏を

アラフォー主婦の徒然日記。

いよいよ冬の到来?~息子たちはほぼ年中、半袖半ズボン

昨日は小春日和よりも暖かい初夏の気配を感じさせるほどの暖かさでしたが、

打って変わって今日は冬の空気が漂っております。東京都です。

 

 

f:id:chiko736:20181206165440p:plain

 

長男は小学生になってから、お友達の影響かなんなのか、

冬になっても長袖も長ズボンも履かない子供になりました。

低学年のころは特に暑い暑いと、冬でも上着も着ずに、

本当の意味での一年中半袖半ズボン君でした。

(ここで言う半ズボンとは、ユニクロの膝の出るイージーパンツです)

まるで洋服を買ってあげられない家庭のような、

見る人によっては虐待されているんじゃないか?と思われるかもしれない光景。

そしてなぜだか半袖半ズボンでも手袋だけしていくという滑稽な姿の時もありました。

 

そして次男も小学生になったら暑い暑いと、真冬以外は半袖半ズボン生活になりました。

しかし去年は次男のほうはまだ半袖でも長ズボンは履いてくれたりしていました。

 

子供って寒くないのですね。

ちょっと寒いと思っても、少し動くと暑くなるのでしょうか。

そういえば、学校の教室が暑いと言っていた時もありました。

(陽当たりがいい。エアコンで室温が調整されていることも。)

私はあっさり「それではご勝手に」と、長袖長ズボンを着せる努力をしませんでした。

無理矢理長袖長ズボンを着せたとしても、帰宅後に「暑くて思うように遊べなかった。」「動きづらい」など文句ブーブーなのでお互いに気分が悪くなります。

 

なので子供たちは基本的に半袖半ズボンで過ごしています。

 

長男はそれでもここ最近は寒さを感じるようになったのか、

朝、上着を着ずに家を出て寒いと感じたら上着を取りに帰ってくるようになりました。

上着、といってもGAPのちょっとあったかい決して厚手ではないパーカーです

次男もさすがに朝は上着を着ていくようにさせています。こちらも薄手のパーカー。

 

一昨年くらいに、お出かけ用でオシャレなダウンジャケットを長男に買ったのですが、

一回くらいしか着てくれませんでした。(しかもすぐに脱ぐ)

次男にお下がりできるからいいやと思っているのですが、果たして着てくれるでしょうか。

 

今朝はけっこう冷え込んでいて雨も降っていたのですが、二人とも薄手のパーカーで登校しました。

私は二人が家を出た後に思っていたよりも外が寒いことに気が付き、

息子たちのもっと暖かい上着はなかったかタンスを調べたところ、ありました。

次男にはユニクロのダウン。

(130センチでまだ綺麗なので、昨シーズン買っていたらしい。記憶になかった。たぶん冬のサッカーのベンチ待ちの時用。でももうサッカーやめた)

長男もサッカー用に買ったベンチコートがあるのですが、去年より体が縦にも横にも大きくなっているので着られるかどうか…。

(そういえば昨シーズンたまにこれを着て登校してた。寒かったのかベンチコートが嬉しかっただけなのかは不明。こちらもサッカーやめた)

 

こう振り返ってみると、去年は真冬にはわりと上着を着ていました。

基本的に一年中屋内では半袖半ズボン生活だけど、外に出るときは上着を羽織る。

そんな息子たちです。

 

ただ、長男が小学2年生のころは本当に一年半袖半ズボンで、上着も着ずに登校していました。

やせ我慢かただの馬鹿なのか心配でしたので、

私なりに工夫して‘薄手だけど裏起毛で暖かいパーカー‘を与えてみたのが小学3年生の冬でした。

 

 

それにしても、この先中学生になって制服を着るようになった時に、

果たしてこの子たちは春秋冬の長袖長ズボンの制服生活に耐えられるのか心配です。

ピアノの発表会や親族親戚の冠婚葬祭の時にはちゃんとスーツを着せていますが、

そういう時でもずっと「暑い暑い」と言ってどんどん着崩れていきます。

…先が思いやられます。

 

息子たちの周りには、同じように半袖半ズボン生活の子が何人かいますが、

クラスの半数、学校の半数以上は男子でもちゃんと冬の装いをしています。

我が息子とその友達…‘類は友を呼ぶ‘でしょうか。

 

今でも部屋が冷えていてエアコンでも使いたい気分なのですが(床暖はつけてます)

次男に「寒くない?暖房いれよっか?」と聞いても、「なんで?暑くも寒くもない」と返ってきました。

暑くも寒くもないということは…まだ秋くらいの体感なのか?

うーん。

ま、私が厚着すればいいか。

電気代の節約にもなるという事で、とりあえず床暖だけで頑張ります。

 

 

最後に、

年中半袖半ズボン生活のメリットは、

・洋服代があまりかからない

・衣替えをしなくていい

・部屋干ししてもわりとすぐ乾いてくれる

・動きやすい

・ちょっと体が強くなる?

という事ですかね。

(体調を崩す原因として、我が子の場合、服装よりも睡眠時間のほうが影響しています)

 

デメリットは、

・肌が乾燥する

・長袖長ズボンに着慣れていないので、たまに着る必要のある時に不快感で不機嫌になりやすい

 

こんなところですかね。

 

 

元気であれば、細かいことは気にしません。

 

 

 

 

 

読者になっていただけると嬉しいです。

 

 

こちらも応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

 

漫画が好きだという話~「りぼん」「別冊マーガレット」「Cookie」を通ってきました

f:id:chiko736:20181204005709j:plain

 

 私は漫画が好きである。

しかし最近は読んでいない。

理由:ブログに勤しんでいるからである。

 

私が漫画に出会ったのは恐らく幼稚園生の頃ではないだろうか。

4つ年上の姉がいたので、姉が小学生の頃は「りぼん」や「小学〇年生」など、姉が購読していたものは必然的に私の目にも入ってきて、なんとなく読んでいた。

そして覚えているのは、私は幼稚園児の頃、4コマ漫画を描いては姉、兄に見せて笑わせていた!(週末の朝、家族誰も起きていないのに目が覚めてしまって、一人で起きて居間などで過ごすのは嫌なので、布団の中で寝転がりながら漫画を描いてみんなが起きるのを待っていた)

 

私が小学生になり姉が小学校高学年の頃、姉は友達と共に、自由帳一冊使って漫画雑誌を作っていた。友達3、4人くらいで漫画を1話ずつ描いて回し読みをする、という遊びである。(当時みんなが好きだったのは、「ときめきトゥナイト」)

これをその仲間内の妹たちは読ませてもらっていた。当然私も読んでいて、けっこう面白かったし、みんな絵が上手だった。それなりに漫画になっていた。

そして私も4、5年性くらいの頃、姉たちがやっていた友達と漫画雑誌的な物を作って回し読みするという遊びを真似した。

 

私は専ら恋愛漫画。「りぼん」を熟読し、絵の練習もして、それなりに楽しくやっていた。キスシーンを描きたくて、何度も描く練習をしたのが笑える。(当時好きだった漫画は「姫ちゃんのりぼん」「ママレード・ボーイ」「ちびまる子ちゃん」「マリンブルーの風に抱かれて」「天使なんかじゃない」、矢沢あい先生の作品全般、等々)

 

そして6年生くらいの頃、友達との漫画雑誌作りは終了したのだが、クラス替えで友達になった女の子(A子)が私に優るとも劣らない漫画好きで、さらに漫画に没頭した。

ある日、A子が突然うちにやってきて「これ読んで!」と、大量の、2年分はあったかと思う「別冊マーガレット」を貸してくれた。「りぼん」派だった私に新しい風が吹いたのである。「別冊マーガレット」通称「別マ」。これが私にドはまりした。

 

当時A子が好きだった作品「降っても晴れても」は女子の複雑な友情ドラマでなかなか当時の私には難しく、あまり内容を覚えていないがA子が好きそうなのはとても良く分かった。

私が「別マ」で好きだったのは、いくえみ綾先生の作品全般だった。他は「先生」とか「恋愛カタログ」、「まっすぐにいこう」などなど。(懐かしすぎて泣けそう)

 

 

「りぼん」「別マ」以外に漫画雑誌を購入することはなかったが、よく友達と本屋に漫画雑誌の立ち読み(付録がないものは読める。大人向けのや怖い話だけの漫画雑誌など)をしにいったり、たまに新しい漫画を発掘してみよう!と単行本の表紙の絵で面白そうな漫画を選び、買って読んでみるというギャンブル的なこともしていた。(私の母も少女漫画好きなので、漫画を買うことには寛大だった)

それで発掘した漫画は「Oh! my ダーリン」である。(まず絵がキラキラ可愛くて当時の私の憧れだった。そしてあり得ない設定であり得ない恋愛ドラマにハラハラドキドキ。もちろ全巻集めた。何人かの友達にも貸した)

 

その後、中学生になって勉強そっちのけで自室で漫画を描いていた。その頃、私は漫画用のペンやスクリーントーンまで使うようになっていた。(母は当時、自室に籠る私は勉強しているものだと信じて疑わなかったらしい)

しかし、自分の能力の限界を感じ、漫画はもう描けないと悟った。(ストーリーを考えられない。画力を鍛える根性がない。たぶん飽きたんだと思う)

 

その後、高校生になるにつれ音楽にハマったり音楽雑誌を読み漁ることになっていくのだが、相変わらずマンガは読み続けていた。

その後衝撃的だったのは、「りぼん」的雑誌「Cookie」が創刊され、それにいくえみ綾先生の作品が掲載されたことだ。「別マ」だけじゃないんだ~!ここでも読めて嬉しい~!と。

短大進学と同時に上京した時もまだ「別マ」と「Cookie」は購読していた。

その後、「別マ」だけにして、とにかくいくえみ綾先生の単行本を集めていた。

そして次第に、魚喃キリコ先生、やまだないと先生などの単行本も集め始めた。(魚喃キリコ先生は高校生の頃、地元の本屋で発掘したんだった)

ひとり暮らしの東京生活、ちょうどサブカルブームでヴィレッジヴァンガードに通い詰めていた。あぁ懐かしい。(クイックジャパン、バリヤバなども読んでいました。漫画ではない。ほんと懐かしくて涙出そう)

「別マ」購読はいつまで続けていただろう、23歳くらいだろうか。

 

その後、20代後半で結婚出産をして、手狭なマンションで荷物がひしめき合う中、漫画はダンボールに入れたまま、たまにしか読まなかった。乳飲み子を抱えて読む余裕がなかった。

そして長男の入園を機に、現在の戸建てに引っ越すのだが、しばらく漫画たちは物置で雑然と積み上げられたままだった。たまに魚喃キリコ先生の作品を読み返していたっけ。

 

子供たちもやんちゃ盛りで、この先いつどんなタイミングで私の宝物たち(漫画)を見つけて勝手に見たり読んだりするかわからない、ちいさな子供に見てほしくない大人な内容の作品もあったし、その頃はなんとなく古い自分昔の自分の感性価値観を手放そうと思い、思い切って全て処分した。

 

なんだか自由でサブカルに浸っていた若かりし頃の自分を引きずっていると、子育てが上手くいかない気がしたのだ。あの頃の自由気ままな一人暮らしに戻りたいという思いがいつまでも背後にあったから。

 

漫画だけでなく、若い頃に読み漁って自分を形成してきた小説たちもほぼ処分した。それはなぜかというと、私の好みはとても偏っているので、将来子供がそれを見つけて読んで、私のように偏った価値観にならないでほしいとうか、私の影響を受けない方がいいんじゃないか?と思ったからである。

 

そしてがむしゃらに子供と幼稚園生活を送った。時々、どうしてほとんどの漫画(小説も)手放してしまったんだろう。もういちど読みたい気もするし、なんだか虚しい。と後悔の念に襲われたこともあったが、仕方ない、過去の自分がそう決めたんだから、私はこのことを忘れて前を向いて生きて行こう、と思い直した。

 

そんなこんなで時は経って現在、漫画は今でも大好きだ。

最近は夫と子供の影響で、少年マンガを読む機会が増えた。

「NARUTO」「ONE PIECE」「DAYS」「犯人の犯沢さん」など。

「NARUTO」は一時期ハマって、家事育児を忘れそうな程没頭していたが、現在はブログに勤しんでいるので単行本を買い足しても読めていない(読みたいけど)。大人買いせず、ちょいちょい買っては読んでいる。あと少し。

 

そんな私の子どもたちも漫画大好き。次男なんかは眠れない夜や早く起きた朝など、ベッドの中で読んでいるくらい。かつての私と同じだ。

 

昔は少女漫画の複雑な感じがたまらなく好きだったが、今は少年漫画の友情、勝負、スポーツ、冒険、みたいなわかりやすい構造も面白いと思える。

私には2つ年上の兄もいるので、「JUMP」も読んでいたが、当時は「ドラゴンボール」くらいしか興味がなかった。

子供が男の子ふたりと言うのもあって少年漫画に馴染みがあるだけで、もしも子供が女の子だったら、今頃再び少女漫画を読んでいたと思う。

漫画は面白い。幾つかの育児漫画も読んだ。

一日がもっと長ければ、また漫画に没頭したいと思った深夜の私であった。

 

 

 

最後に、私が時々思い出す漫画のセリフ、

 

「あんたがあたしを嫌いでも、あたしは好きよマミリン!」(by.「天使なんかじゃない」)

 

わかる人にはわかるでしょう!

当時友達とも盛り上がりましたこのセリフ(笑)

 

 

今回はなんだかサクサク書けた。

それではまた~!

 

 

 

 

読者になっていただけると嬉しいです。

 

こちらも応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

 

レンジフードの掃除を業者に頼んでみた~年末に向けて

f:id:chiko736:20181203203936j:plain

 

主婦にとって年末に向けて気になる掃除と言うのは、

レンジフードではありませんか!?

えぇ、私もこれが億劫で億劫で…。

 

「年末じゃなくて夏にやればいいじゃないか!」

と思い夏にもそして年末にもレンジフードの掃除をしたことが一度だけあります。

それ以外は年末だけですね。

 

いろいろと試行錯誤して、やるからには徹底的にきれいにしていました。

(とてもめんどくさいですけどね、やらないわけにはいかないから)

 

そして今年もそんな季節がやってきましたね。

私はもはや、レンジフードに貼り付ける不織布のフィルターの交換さえも怠っていて、

レンジフードのカバーも開けたくない、見たくないと、

現実から目を逸らしていました。

 

そろそろそんな季節だなーと思い始めた11月初旬。

夫が突如、

「レンジフードの掃除、いつがいい?今年は業者に頼もう

と言いました。

 

え、いいの?やったー!

と、棚ぼた的な幸運が降り注ぎ私は楽をさせて頂きました。

ありがとう!夫!!

 

我が夫は、グルーポン(共同購入型クーポンサイト)愛好者で、

レンジフード掃除業者もグルーポンで探してきたのです。

 

そして11月中旬、当日来たのは便利屋さん2時間9000円でレンジフードとガスコンロを掃除してくれるとのこと。

 

息子2人も家にいたので察してくださったのか、

便利屋さん「やっぱり、揚げ物よくされますか~?男の子が沢山いるお宅は揚げ物炒め物をよくするみたいで、油がたまるんですよね~」

と、我が家の汚れ具合を見て言っていました。

(えぇ、揚げ物よくします!夫が!)

 

なんでも、中のグルグル回るファン(一番掃除しづらいアレ)は煮込みます、と。

大きなケースみたいなものに水と重曹と部品を入れて、コンロで煮沸→しばらく放置

へー、重曹だけでいいんだー!

 

あとの部分はひたすらケルヒャーのスチームクリーナーでシャシャシャシャー!

 

なるほど~、スチームクリーナーを使えば洗剤使ったりゴシゴシ擦らなくてもきれいにできるのね。

 

ふむふむふむふむ、道具さえ揃えれば、自分でもできるかも?

お風呂掃除にも窓のサッシのカビもこのスチームクリーナーで落とせるとのこと。

便利屋さん、いい人で、いろいろと教えてくれました。

 

これからの時期はやはりレンジフード・換気扇清掃の依頼が休みなく入っているそうです。

便利屋さんのご自宅のレンジフード清掃はやりたくないけど、娘さんに依頼されたからやらなきゃいけない、とも言っていました。

(仕事でやっていると自宅ではやりたくないものなのですね~)

 

 

あれよあれよと言う間に、煮込んだファンもケルヒャーでシャシャシャーと仕上げ、

全てきれいにして頂きました。

 

コンロの五徳は、普段の私のズボラが祟って、完全に焦げは落ちませんでした。

便利屋さん曰く「これ以上頑張ると、ここ(出っ張ている鍋が乗る部分)が折れます」とのこと。

そーなんだ、まーいっか。いいですよ~!

レンジフードをきれいにして頂けただけでも充分幸せです!

 

仕上がり的には、満足です。

私だったらここをもう少し丁寧に拭き上げるかな?っていう細かなところに気づいたりしてしまったけど、

自分がやると半日くらいかかるところを2時間で、しかもコンロまできれいになったので文句はありません。

 

汗だくで頑張ってくださった便利屋さんに感謝です。

2時間で9000円(2か所)と言うのは相場的にお安いほうなのではないでしょうか。

 

グルーポン、夫が良く利用していて私はノータッチですが、いいかもしれません。

(グルーポンジャパンのWikipediaをみたら、不祥事・事件の項目で「スカスカおせち事件」とありました。懐かしい。グルーポンでのことだったんだ)

きっとあたりハズレはあると思いますが、

我が家のレンジフード掃除に関しては、全く問題ございませんでした!

 

 

ということで、

まだまだ年末に向けてやりたいことは、

お風呂の徹底掃除、

物置の整理、

玄関の外階段の水洗い?(え?やだ思いついちゃった)

ベランダの掃除

…などなど。

 

どうして年末にやろうと思うのでしょうね、普段からやっていればいいのに、私。

 

ま、いっか。がんばりまーす。

 

 

 

 

読者になっていただけると嬉しいです。

 

こちらも応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

 

午前中からノンストップで~キッチンの片づけ仕上げ、トイレ掃除、宛て名書き

f:id:chiko736:20181202162415j:plain

 

予定がない休日って最高です。

時間に追われない一日って最高。

今日は外に出ないぞって決めた。

 

さて、今日はゆっくり8時半に起床し、

しばらくしたら長男も起きてきたので朝食を準備し(と言っても肉まん温めてスープ入れてあげただけ)、

私はフランスパンを焼いて、頂きもののコーヒースプレッド(コーヒー味のバタークリームみたいな物、ハワイ土産)と、

実家の母がくれた「パンにぬるおいしいはちみつ」という名前のその名の通りパンにぬって食べると美味しいはちみつを塗り、

食べようと思っていたら次男が起きてきて、

ピザまんを温めスープも入れてあげて、

自分に紅茶を淹れ、パンを食べ、洗濯物を干し、

その後私は昨日に引き続き、今日はなんとなくキッチンの見える部分の片づけを始めました。

 

収納場所がなくて出しっぱなしだったワイングラスとシャンパングラスの収納場所を閃いたり、

引き出しに寝かせて収納するという事を思いつきました。普段全く開けない引き出しをたまたま開けたら意外と物が少なかったので、ワイングラスとシャンパングラスを寝かせて入れてみたらピッタリはまったのです!

片づけても片づけてもごちゃごちゃしてしまうキッチンカウンター周りを、

たまたま空いた収納ケースを使ってスッキリ片づけられたりと、

今までで一番いい感じに片づけられている気がします。

 

なんだか体が勝手に片づけ始めたら過去最高の片づき具合になった(ちょっと大袈裟に言ってます)ことが、

自分ツイてる、良い波に乗ってる!っていう気持ちにさせてくれて(その気になりやすいんです)

その勢いでトイレ掃除もしました。

 

今日はなんとなく、激落ちくんのメラミンスポンジを使って便座の裏と便器のふちを擦ってみたら、

さすが激落ちくん、溜まっていた汚れが落ちました。

なんだ頑固な汚れはこうやって落とせばいいのか。

なぜ今まで気づかなかったのだろう。

 

そして、お昼ごはんはオムライスを作り食べ、

子どもと「ニノさん」を見て笑って、

テレビを消して子供は宿題、私は喪中はがきの宛て名書きの作業に取り掛かり、

子どもも私もサクッと終らせて(手書きの宛て名は丁寧に書きました)今に至ります!

 

とりあえず目の前の目標は達成しました。(喪中はがきの件)

ほっ!

 

今日は予定もないし、また長男をバトミントンに誘おうかと思っていたのですが、

なんだか体が勝手に掃除片づけを始めてしまったので、

今日はそういう日ということにして後はのんびりしたいところです。

しかしもう夕方ですね。

そろそろ夕飯の準備ですね~。

 

 

以前は子供がスポ少でサッカーをしていたので

週末は早朝から練習や試合で慌ただしく過ごしていました。

とても時間のゆとりがなく、

私は疲労困憊。

子供は楽しんではいるけれどやる気にムラがあったのと、

親として思うことがいろいろあったのと、

毎週ではないけど週末にもう一つ習い事があったので、

総合的に見てやめた方がいいと判断し、やめたのです。

もうひとつの習い事に専念しています。

中学生になってからやりたいスポーツを自分で決めて打ち込んでくれ!というのが親の願うところ。

 

そんな頃の生活から考えると、

今は時間にゆとりがあってストレスも減り(特に私の)

穏やかに暮らせています。

自分にはこの方が向いてる。

子どもたちは運動量が減ってしまいましたが、

疲れすぎることもなくなり、落ち着いています。

友達と遊んだり、兄弟で遊んだり。

 

人にはそれぞれ、向き不向きってありますよね。

「頑張って挑戦してみたけど、私には無理だった~」

と認め、無理をするのをやめました。

(我が家と同じく、夫の助けなしに一人で兄弟それぞれのスポ少スケジュールをこなしているパワフルなママさんも居ます。スーパーウーマン。体力があるのでしょうね、そしてきっとそんな生活が向いていて楽しんでいるのだと思います!すごいな~っていつも思っていました)

 

それぞれの世界で、それぞれの生活で、

向ていることを伸ばして、

みんなが幸せに暮らせたらそれでいいじゃないか、と思います。

 

話がいろんな方向へ行ってしまいますね。

 

そんなこんなで、

年末まで、あと何ができるかな~。

 

 

 

 

読者になっていただけると嬉しいです。

 

こちらも応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

空白の2日間と今日のわたくし

f:id:chiko736:20181201222259j:plain

 

 更新が滞っていました。

 

先ほど夫に「もう2日ブログ書いてないんだよねー」と言ったら、

「書けよ!」と速攻で返されました。

「とにかく毎日書くことがいいらしいよ」と、夫。

私のブログも読んでいない(らしい)しブログのことなんて分からないと言っていた夫に、

アドバイスと励ましを頂きました。

 

更新していなかった空白の2日間、仕事以外で私が何をしていたかと言うと、

  • 眠かった。(連日ブログ更新を目指し、なかなか書き進められない時も意地でも書こうと深夜まで頑張っていたら睡眠不足になった)
  • ブログを書こうとしていたが、無理矢理ネタを持ってきて書いていたので、いやいやそんなことが書きたいわけではないのだ、と消したりしていた。
  • 最近ブログの事ばかり考えていて、他の事を真面目に考えていないことに気づき、ちょっと別の事を考えたくなって考えたりそれについてネット検索していた。
  • 夕食後に親子でUNOをしていた。
  • 子どもの学校行事に出かけていた。(これは今日)
  • 化粧の仕上がりが良くて気分が良かった(これも今日)
  • PCの前で書くことを考えていても何も生まれないので、とりあえずキッチン収納とダイニングにあるクローゼットの片づけをした。(これも今日)
  • 以前からやろうと思っていた寝室の窓ふきをした。(これも今日)
  • 考えてもしょうがない時は体を動かした方がいいと気づく。(これは今!)

 

こんな感じですかね。

今日の出来事を除くと、

眠かった考え事をしたかったUNOをしていた、ということになります。

結局、ネタ切れ状態で、ちょっとPCから距離を置きたい気分になっていたのです。

購読中のブログは拝見していましたが、記事を書くのは中断!としていました。

今日はPCさえも開かないで寝ようと思っていたけれど、

夫の「書けよ!」の一言で、現在に至ります。

 

いやー、今こうして書いて良かったです。

三日坊主ならぬ、三週間坊主になってしまうところでした。

 

こうしてブログを書かなかったことをネタに更新出来てよかったです。

そして、キッチンやクローゼットの片づけをしながら、これネタになりそうだと思い浮かんだことがあったのですが、忘れてしまいました!

その時にすぐメモらないといけませんね!

 

今日は寝室の窓もきれいになり、キッチンもクローゼットもスッキリ片付いて、

とても清々しいです。(PCから距離を置いた甲斐がありました)

45リットルゴミ袋ひとつ分の不用品や賞味期限切れの食品等が出て、

スッキリなのですが、もったいないことをしてしまったと反省。

これからは余計なものをため込まないようにしたいです!

 

年末までに、家中の片づけをしていらない物のない家にしたいです。

家族の分がなかなか同意を得られず処分できなかったりしますが、

まずは私の不用品のチェックをしようかな!

 

その前に、明日は喪中はがきの宛て名書きをしようと思います!

 

ついに12月に突入しましたね、年内にやらなきゃいけないことを忘れないようにしないと!!

 

 

 

 

 

読者になっていただけると嬉しいです。

 

こちらも応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

 

 

歌えバンバン~懐かしの、元気の出る歌

 

f:id:chiko736:20181128165644j:plain

 

先日、スーパーのレジに並んでいたところ、

かわいい声で

「うたうたーえ、うたうたーえ、

うたえばんばんばんばんばーん。

うたうたーえ、うたうたーえ、

うたえばんばんばんばんばーん」

と歌っているのが聞こえました。

 

懐かしい~!

「歌えバンバン」、何十年ぶりに思い出しだだろう。

 

ふとその歌声の方を向くと、私の次に並んでいる家族の女の子が歌っていました。

年長さんくらいの子でしょうか。

ずーっと、

「うたうたーえ、うたうたーえ、

うたえばんばんばんばんばーん。

うたうたーえ、うたうたーえ、

うたえばんばんばんばんばーん」

という部分だけを少し不安定な音程で繰り返し歌っていました。

 

ほんっとうに懐かしくて泣きたいくらいの温かさを感じました。

天使が歌っているのかな?と思うくらい、

優しくて純粋な歌声でした。

 

 

「歌えバンバン」私も幼少の頃、よく歌っていたのを思い出します。

元気のでる歌ですよね。

うちの息子たちはキリスト教の幼稚園に通っていたので、

幼稚園で教わる歌は主にこども讃美歌でした。

よって一般的な童謡を幼稚園で教わるとこは少なかったです。

(こども讃美歌も素敵な歌ばかりですが)

「歌えバンバン」なんて息子たち全く知りません。

(教育テレビでも聴く機会無かったなー)

 

なので余計に懐かしくて感動しました。

 

頭の中で歌ってみるとなんだか、

歌うのが大好きな幼少期の自分が飛び跳ねながら歌っていた光景が目に浮かびます。

 

‘‘あああ~いい~な~‘‘

の部分は歌っていて気持ちいいです。

あと、2番の出だし

‘‘かーっかかっかぷーんぷんするかわり~‘‘

という部分も好きだったのを思い出しました。

 

子供の頃は覚えた歌詞をただ歌うだけでしたが、

今振り返ってみると、なんと前向きな歌なんだろうと気づきました。

 

 

口を大きく開けて歌えばその歌がぐんぐん広がって誰かの心と出会える。

怒っているかわりに歌ってみたら心がドカンと開く。

胸を張って歌ってみたらいつでもどこでも誰でもこころが温まる。

ああ、歌声っていいな。青い空っていいな。

世界いっぱい宇宙いっぱいに響きあう。

歌を歌ってね。

 

要約するとこんな感じですかね。(私の感じ方です)

 

子供のころは特に何も感じなかった歌詞でも

大人にとってはハッとさせられることありませんか。

生きる上での基本的なこと、前向きに生きるための指針、のような。

とてもシンプルに子どもの歌に乗せて、

もしかしたら大人に聞かせるために作られていたりして。

 

歌詞のようなシンプルなことって、

実は子どもは大人に言われなくても分かってる、ってことありますよね。

大人は心配してあれこれ口を出したりするのですが、

そんなこと言われなくてもわかってる、ってこと、

本人たちにその自覚はなくても自然に体現できていたりします。

(抽象的でわかりにくいですかね。ちょっと今は具体的に説明できなくて…)

 

前向きに晴れやかに生きる、

歌をうこと、歌声、誰かと出会う、心を開く、誰でも心が温まる、

青い空、世界、宇宙、たくさん歌を歌おう…

私が願う穏やかな日々に当てはまるキーワードたちがたくさん詰まっています。

「歌えバンバン」

この歌をスーパーのレジ待ちで女の子が歌ってくれたのも、

ただの偶然ではない何かを感じます。

 

 

とても素敵な歌を思い出させてくれてありがとう。

天使のような女の子。

 

 

 

 

 

読者になっていただけると嬉しいです。

 

こちらも応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

 

 

友達とランチ~会いたい人と会う

f:id:chiko736:20181126202457j:plain

 

今日はパートはお休みなので友達2人とランチに行ってきました~。

インドア派で人づきあいの得意ではない私にも、

ありがたいことに仲良くしてくれる友達が数人います。

今日の友達は、子供の幼稚園時代のママ友で、

卒園後もなんとなく定期的にランチをしてはお喋りを楽しめる間柄になりました。

私の中では、もはやママ友ではなく友達です。

ひとりはまだ小さい子がいて専業主婦、

もうひとりはパート主婦。

私もパートを始めたのでランチをする回数は以前より減ってきていますが、

ゆる~く続く関係が気楽でいいです。

 

私は交友関係も無理をしないことに決めたので、

今の自分の交友関係は気楽にお付き合いできる相手しかいません。

お互いに執着せず、着かず離れずの関係。

来るもの拒まず去るもの追わず。

ご縁、巡りあわせなど、自然の流れに身を任せて、

会いたいと思う人に会いに行きます。 

 

子供の習い事やお友達関係での親同士の【大人のお付き合い】は時々ありますが、

基本的に自分がしんどいと感じる集まりには極力参加しないことにしたら、

気疲れ、辛い、しんどい、行かなきゃ良かった、などと思うことが

ぐーっと減りました。

 

 

行かなかったら変な風に思われるかな?という不安は以前はあったかもしれませんが、

今は特にないです。

そんなことを気にして自分の時間を犠牲にして

心から楽しめない集まりに行くことによって、

自分を消耗させる必要はないと思います。

もう随分と長く我慢して消耗してきた人は特に、

そのようなことから自分を解放していいと思います。

自分を可愛がりましょう。

 

お誘いを断ったら、そのお誘いの事は忘れて、自分の生活に向き合う。

お誘いを受けて行くと決めたら、楽しめるように準備をする。

 

さっぱりと気持ちのよい心構えで生きていきたいものです。

 

(とは言いつつ、まだまだ心が揺れる時もありますが)

 

その為にも、日々自分を磨いていきたいものです!

 

 

 

 

 

読者になっていただけると嬉しいです。

 

こちらも応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

 

 

お家大好き!~くつろげる空間を作ったけどくつろぎ過ぎて困った

f:id:chiko736:20181125170331j:plain

私はインドア派の、お家大好き人間です!

いかに自分が快適に家で過ごせるか、を重視したインテリアにしていたのですが、

あまりにもくつろげた為か、

子供の宿題がはかどらない、という問題が勃発

数カ月前に思い切って、

子供がくつろげないインテリアに模様替えしました。

 

家族みんながくつろげていたインテリアとは、

(まぁ、ごく普通なのですが)

リビングにテレビ、カウチソファー(ちょっと大きめ)、ローテーブルというものでした。

時によっては、

カウチソファーを定型のL字型にセットするのではなく、

壁に沿って縦に合わせるI字型にセットして

まるで長いベッドのようにそこでよくゴロゴロスマホを見ながら昼寝していました(恥)

(次男が小さい頃はそこで一緒にお昼寝、気づいたら長男も寝てた。最近では主に私が昼寝を。夜は夫がうたた寝を、とか)

夕食後もお腹いっぱいになったらソファーでごろーん!

なんてことを親子でやっていました(恥)

息子たちなんて、

朝起床してリビングに来てソファーで二度寝、

なんてことも日常茶飯事。

宿題をやるにもリビングでやるので、

ローテーブルで床に座って、よっこいしょ、…やる気がでなーい。あれ?なぜかソファーに寝そべってる。

なーんてことも日常茶飯事。

テレビもソファーに寝そべってだらだら~と観ていました。

テレビを消しても付けていても、宿題に取り掛かれない、取り掛かってもだらだらしちゃう。

宿題はその日に終わらせられるけど、夜寝るのが遅くなってしまう。

という困ったことに。

 

 

そんなある時、カウチソファーふたつで一組、のうちのひとつが、

もう使えないくらいに汚れてしまいました

(長男が食後にソファーの上で大量に吐いたのです涙)

 

布製で、カバーを外しても中はスポンジなので吐しゃ物をグングン吸い込み、

洗えないしもうどうしようもない状態になったので、

そのひとつのソファーは処分することに決めました。

 

処分してひとつになったソファーとテレビを向かい合わせにして、

間にローテーブル(ソファがひとつなくなった分部屋が広く感じる)

と言った少しの模様替えをしたところ、

子供にとって気分転換になったのか、快適だと大喜びをして、

ひとつのソファで息子ふたりが絡まりあいながら寝そべり、

ますますリビング大好き!ソファでゲームやったりテレビ見るのが大好き!

そんな状態になってしまいました。 

 

これはまずい!

長男は塾にも通い始めたというのに、

宿題なんて出来やしない!

気持ちの切り替えができない!

いつまでもここに居たい!

ここは我が家のオアシスだ~!!

 

と、私は危機感を覚えました。

毎日毎日このリビングのせいなのか、

宿題をしない我が子にイライラを募らせ叱ったり焦ったり、

心が落ち着きません。

 

どうにかしなきゃ!と私が思いついたのは、

リビングにつながって存在しているダイニングの、

ダイニングテーブルをリビングに置き、

ソファとローテーブルをダイニングに置く、

という一般的とは真逆の配置にしました。

 

どうせ子供はダイニングよりもテレビの置いてあるリビングで過ごすので、

テレビを見る環境をあまりくつろげない状態にしてしまえばいいと思いついたのです。

それでも見たいなら、ちゃんと椅子に座ってどうぞ、ゴロゴロは出来ませんよ~。

という魂胆です。

 

私のパートの休みの日、息子たちが学校に行っている間に模様替えをしたので、

学校から帰宅した息子ふたりは様変わりしたリビングダイニングを見て、

「え~、なにこれ、これじゃゴロゴロできないじゃん」と不満そうでしたが、

結論から言うと、これで良かった!です。

 

以下、主な理由。

 

・ゲームをするのもテレビを見るのも、椅子に座ってやるのでゴロゴロしない。

 

・宿題をするのはリビングでするにしても椅子とテーブルなのでダラダラしない。

 

・たまにダイニングに移動したローテーブルで宿題をすることもあるが、そこにテレビは置いていないのでテレビに釣られない。(宿題に集中しやすくなる)

 

・ダイニングにダイニングテーブルがあるにも関わらず、なんだかんだでテレビのあるリビングのローテーブルで夕食をとる機会が増えていたので(床に座るので)姿勢が悪くなりがちだったが、リビングに置いたダイニングテーブルで夕食をとっても(椅子に座るので)姿勢がそこまで崩れない。

 

・ダイニングよりリビングの方が広いので、ローテブルより大きくてかさばるダイニングテーブルをリビングに置いた方が、そのフロア(キッチン、ダイニング、リビングが一続きになっている間取り)が広く感じられる。

 

などなど、

図や写真が無いのでとてもわかり辛いと思いますが、

私はこれが生活しやすいですし、子供も順応していきました。

(時々、テレビを見ながらゴロゴロしたくなるようで、椅子と椅子を繋げた上に寝転がろうとします)

 

なんとなく、生活にメリハリがついたのではないかな?と思います。

 

そもそも、だらだらゴロゴロしないようにもっと厳しく躾ければいいという事、

宿題の時にテレビを消せばいいというのは充分承知しております。

もちろん「テレビを消しなさい」と言っているのですが、その日その時の状況によって、消したり付けたままだったりです。日々いろいろあります。本当はテレビを捨てたいです。

 

そして私も最近はリビングにあるダイニングテーブルでPCを開きブログに書き込みをしているので、

母も椅子に座って何かをしているという図がなんとなく出来上がり、

家族全体的にゴロゴロする時間が減りました。

 

仕事で疲れて帰ってくる夫は、以前よりくつろげないリビングにまだ少し不満そうですが、

それでも必要な時はソファーに辿り着いてゴロゴロしているので、

よっぽど自分がソファーを欲している時にしかソファーに座らない(寝そべらない)という状態です。

 

ちなみに、3階から2階に降りてくる階段の先にダイニングがあるので、

朝起きて2階に降りてきた息子たちは(次男のほうが特に)

まずソファーに寝転がってしまう、ということもありますが、

まぁその辺は気にしないことにしています。

学校には遅刻せずに行っているので。

 

…ということで、

特にまとまりもなければ図解もない、

読む方の想像力にお任せした今回の記事を(しかも長い)

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

我が家のゴロゴロだらだらな生活をお知らせしてしまい…

少しお恥ずかしいのですが…こんな私たちでもいいと、自分を許しています。

家ではくつろぎましょう~!

あ、我が家は少しくつろげないんだった。

 

だけど快適でーす!

 

 

 

読者になっていただけると嬉しいです。

 

こちらも応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

 

 

長男とバドミントン~インドア派の運動不足解消

f:id:chiko736:20181124150841j:plain

今日の東京は昨日ほどの晴天ではないものの、

過ごしやすい秋の気候です。

 

お家大好き人間の私が積極的にお出掛けをしなせいもあってか、

わが息子たちもインドア派であることは自然の流れでしょうか。

 

長男は低学年のころは週末も外に遊びに行っていたものの、

今やすっかりゲーマーです。

そして最近はニンテンドースイッチという

親を悩ませる便利な遊び道具のおかげで、

お互いに家にいても友達と通信して一緒にゲームができるので、

誰かの家で遊べなくても友達とゲームはでき、

遊び相手がいなくて困る、ということはないようです。やれやれ。

 

次男は低学年なので、友達と約束をしていたら元気に公園に遊びに行きますが、

約束が無いとやはり長男と一緒になってゲームをしています。

 

さて、今日もインドアまっしぐら!…というのがさすがに親としてどうかな?と思いました。

長男は食べ盛りで体がどんどん大きくなる割には週一のスイミングではカロリー消費が追い付かず、

でも友達と外で体を動かして遊ぶこともあまりないし一人で公園でボールを蹴るとかもしないので、

ここは私の出番かな~と思い、誘いました。

 

バドミントン!

 

意外と「やる」と即答したので良かったです。

近所の公園に行き、目標は【ラリー20回連続】

お互いに納得して決めた目標です。

 

しかしこれがなかなか続かないものですね!

私も長男もバドミントン素人

私は年の功でなんとなくできるのですが、

長男はたぶんそんなにやったことないのではないのでしょうか?

最初から空振り続き。

それでも何度か繰り返していくうちにコツをつかみ、

なんとか10回は続くものの、10回以上が続かない。

 

午前中はゆっくり過ごした後に宿題をして、

さあやろう!と言った時がもう昼の12時だったのですが、

昼食の前にバドミントンをやると言ったので、

だんだんお腹がすいて疲れてくるのですね。

私は全然耐えられるのですが、長男は次第に苛立ってきました。

「もう、目標10回にしようよ」

と息子が妥協しようとするので、

「だめ!頑張ればできるから~!」

と私は拒否。

たかがバドミントン20回ラリーですぐに諦めてほしくないので頑張りました。

 

家を出たときには寒かったのですが、

私も息子も上着を脱いで、汗をかいていました。

 

18回まで続いても後の2回が続かない、

という状況が何度もありながら、

どうにか20回達成しました!!

 

 

やった~!いい運動になったね~、と時計を見ると、

なんと1時間経っていました!

 

1時間ノンストップでけっこうな運動量かな?

長男は投げやりになりそうでしたが、運動不足の割には頑張れました。

 

この親子バドミントン、

日々の運動不足とストレス解消のために習慣にしたいです!

 

…その後帰宅し昼食をとり、

長男は友達と通信でゲームを始めたのでした。(約束していた)

 

 

今回のバドミントンで嬉しかったのは、

子供と一緒にまともにスポーツが出来た、ということです。

 

幼少期や低学年までは何をするにも自分の思い通りにうまく出来ないと、

拗ねたり途中で投げ出したりして、楽しく続けることができませんでした。

しかし現在10歳の長男は体も心も成長して、

親子で楽しめるくらいに運動神経も発達して、

目標も達成できる気持ちもできていて、

その成長が実感できました。

 

(ここで次男も一緒にやるとなると、兄弟喧嘩が始まって上手くいかないので、今回は長男とだけにしました。途中に次男が様子を見に来て、案の定邪魔をし始めて継続が危うかったのですが、なんとなく空気を読んだ次男はすぐに違う場所へ遊びに行きました)

 

今日は寝室の窓ふきでもしようかな~とも思っていたのですが、

バドミントンで右腕が疲れてしまったので、

窓ふきはまたの機会にしようと思います! 

頑張りすぎないのがモットーです。

 

何はともあれ、適度な運動が出来て良い休日になりました!

 

 

 

 

 

読者になっていただけると嬉しいです。

 

こちらも応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

 

 

勤労感謝の日。気づけばもうすぐ師走。

 


f:id:chiko736:20181123174451j:plain

 

今日は勤労感謝の日。

我が夫は仕事です。感謝!

 

3連休ですね~。

どこかお出掛けしたいな~と思ったりもしますが、どこに出かけても混雑していそうですね!

 

今朝見たワイドショーでは、午前10時頃だというのに、

高尾山の頂上には沢山の人、人、人だかりでにぎわっていました。

高尾山の頂上のあのスペースが埋め尽くさるほどのも人です。

そしてさらに続々と登山客が登頂してきていると、リポーターの方が言ってました。

紅葉の季節なので今、この連休を使ってぜひ登山に行きたい!

私もそう思います!

しかし、平日に行きたい!

きっと平日でも今の季節はそれなりに混んでいるでしょうが、平日がいいな~。

…と言っている間に冬になってしまいそうですね。

 

長男が1歳の頃、実家の家族と日光に紅葉を見に行きました。

その時も連休だったので、それなりに混雑していました。特に日光東照宮。

だけど楽しかったです。

なので家族や気心知れた仲間と支えあいながら行けば、楽しい思い出になると思います。

ただ、我が夫は平日休みの人なので、

なかなか休日に家族で出かけられません。

よっぽど「行きたい!」といえば休んでくれますが。

 

なので、夫に頼らなくとも、私と息子二人でふらっと高尾山に行ったりしてみたいのです。

週末は習い事で一日つぶれることもあり、なかなかですが、

長男が中学生になるまでに、もっと息子たちとお出掛けしたいな~。

 

気が付けばもう11月も下旬。

びっくりですね!

え?もう12月?

早い~!

冬が来ますね。

あんなに暑かった夏が嘘のよう。

 

ブログを始めたら、それまでダラダラしていた時間が減り、

一日、そして一週間があっという間に過ぎていきます。

 

師走になれば今年もラストスパート。

年末のあれやこれやと、忘れないようにしないと。

 

 

 

 

 

読者になっていただけると嬉しいです。

 

こちらも応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

 

 

美しいものに惹かれる~笑顔の人は素敵です!

f:id:chiko736:20181118193048j:plain

私は美しいものや美しい人(見た目も心も)が大好きです。

美しい人を見かけたり、自分の周りに美しい人がいると、つい観察してしまいます。

この人の美しさの源はなんだろう?

と、その美しさの特徴やチャームポイントを探してしまいます。

着ている服が高かろうと安かろうと、お化粧をしっかしていてもしていなくても、

その人の内から出てくる輝きに、圧倒されることがあります。

容姿も整っていて、性格もチャーミングで、笑顔が素敵で輝いている人、

居ますよね。

けっこう存在しています。

本当に素敵で憧れます。

 

高級服やバッグ靴を身に着けて、髪の毛も毎朝きれいに巻いて、お化粧もきれいにしているのに、輝きが隠れてしまっている人もいます。

そんな人を見たときは、こんなに良い要素を持っているのにあぁ勿体ない、

と、ほんと大きなお世話なことを思います。

そしてその人がもっと笑顔になればいいのになーと、勝手に願ってしまいます。

 

【笑顔】って、最高ですよね。

昔、職場に浜崎あゆみ似のきれいな先輩がいました。

彼女は、せっかくきれいでチャーミングなお顔をしているのに、

笑うと皺が増えるから」とあまり笑うことをしませんでした。

なので最初は冷たい美人さんで取っつきにくい人かとちょっと怖かったのですが、

次第にいろいろとお話しするようになり、

特に冷たい人じゃないということがわかり、

何かと笑える話をして先輩を笑わせようとしました。

さすがに先輩も笑うのですが、

顔がくしゃくしゃになるのを抑えた笑顔、

皺が深く刻まれないように笑いをこらえてる、

そんな感じが見受けられました。

 

その時も私は、「せっかく可愛いのにもったいないなー」と思っていました。

でもその先輩にとっては笑って皺ができるのを避けるためになるべく笑わない、

というのが信念だったのだと思います。

そもそも笑わなくても可愛いから、それでも困らないのかもしれないですしね。(僻みではありません、事実です)

 

私の人間観察の結果、ひとつの結論に至りました。

「自然な笑顔の人は内面からの輝きを放っていて素敵だ」

これは容姿端麗な人でなくても、どんな人でも。

 

無理して笑顔になっている人も居ますね。

私も以前はそんな事がたーくさんあって、頭が痛くなっていました。(今はそうならないように気を付けています)

気を遣ったり、気を張ったりしているのです

そんな人は、無理をしないで自分を大切にしてほしいです。

笑いたい時に笑えばいいのです。

皺を増やしたくないから笑わない、もアリだと思います。

それでも吹き出してしまうくらい面白かったり楽しい時には笑えるのですから。

何をやっても笑えない、楽しくないという人はまた別の問題ですが、

根本的には【自分を大切にする】ということにつながると思います。

 

前向きで美しい人に憧れます。

あ、前向きな人は内面がきれいで輝くのかも。

 

とは言っても人間ですので、

ちょっと疲れて後ろを向きたくなることもあります。

そんな時には、休息をとってまた前を向くぞ~。

 

 

こちらの女性も素敵で憧れます。我が家の本棚の見える場所に置いてあります。

 

f:id:chiko736:20181207212837j:plain

 

 

 

 

 

 

読者になっていただけると嬉しいです。

 

こちらも応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

 

 

ウォーキング後に「ハラスメントゲーム」を見て、アルハラ、セクハラ、パワハラを思い起こす。

f:id:chiko736:20181118174521j:plain

 

今日は仕事が休みなので、ウォーキングがてら二駅ほど歩いて食材の買い出しに行きました。

午前中に出かけるのは清々しいですね~。

今頃の季節は日差しもきつくないし、暑くもなく寒くもなく、

空気はひんやりしていて歩いていると気持ちよかったです。

 

途中、広めの公園を通り木々の間を歩いて落ち葉を踏んで秋を感じて、

小さな子供連れ親子を横目に、懐かしさにほっこりしながら、

歩いて歩いて買い物をして、帰宅しました。

 

お昼を食べながら何となくテレビをつけたら、

テレビ東京で「ハラスメントゲーム」というドラマの再放送が始まったところでした。

このドラマ、見ると疲れるかもと思って視聴してはいないのですが、

今日はなんとなくそのまま見てみました。

 

第5話で、会社の飲み会は親睦か?強要か?会社のアルハラ、ゆとハラ問題を取り扱ったお話でした。

(見ても特に疲れなかったです)

 

 

【アルハラ】

飲み会の強要は「アルハラ」と言うのですね。

ちょっと前は「飲みにケーション」という言葉も出回っていたような。

確かに、行きたくもない飲み会にイヤイヤ行くというのは苦痛です。

一度ならまだ我慢できますが、月に何度もあるとなると、

自分の時間を犠牲にしていると痛感する事でしょう。

私も行きたくない飲み会は、なるべく行かないようにしています。

私の場合は、子供の習い事(と言っても少年団的な保護者主体の団体)の親睦会や打ち上げ的な飲み会ですが、

行きたいと思える団体と、行きたくないと思ってしまう団体があって、

行きたい方にはもちろん行きますが、

行きたくないと思ってしまうほうのは行きません。

飲み会に行っても行かなくても、子供の活動には関係ありませんので。

むしろ飲み会に行かなかったからと言う理由で子供の活動に支障が出るようなら、そのような団体での今後の活動を続けるかどうか、こちらが判断します。

 

 

 

【セクハラ】

いつになってもなくなりませんね。

世の中に男と女が存在する限り、なくなることはないのでしょうか。

どうやったらセクハラをなくすことができるのでしょう。

セクハラが原因で辞めた仕事や人間関係もあります。

もういい加減にしろって感じです。気持ち悪いです。

自論ですが、愛想がよくて大人しい女性はセクハラされ続けるかもしれません。

相手に隙があるのを見せてはいけません。(好きな人にならどうぞ)

私はもう簡単には男性に笑顔で挨拶をしないことを誓いました。

基本的に平和主義なので誰にでも人当りよくしていたのですが、間違っていました。

そこから生まれる悲劇があるのです。それは平和にはつながりません。

とにかく変な気を持たせてはいけないのです。

 

 

【パワハラ】

最近各所でパワハラが告発されていますね。

とくにスポーツ界では切っても切れないハラスメントなのでしょうか。

でもこんな暴力的指導をしているのは日本くらいのものだってよく耳にします。

アメリカではありえないことだとか。

私も中学高校とバリバリの体育会系の部活に所属していたので、

顧問の先生は狂っているという実感はありました。

あいつら、己のストレスをここで発散してやがる。

(なーんて言葉が悪くてすみません)

でも、そんな指導じゃ私たちやる気でないよ?

むしろそんなに怒鳴られて叩かれてばかりじゃやる気なくなっちゃうよ?

あなたのこと信頼できないし、むしろ好きの反対だよ?

と、思春期の私は思っておりました。

私は元来、反抗的だったので、

中学の時は心の中で嫌だ嫌だと思うだけでしたが、

高校の時は練習中にやたらと大声で罵り部員の頭をバシバシ叩く顧問の先生(男性)がいて、

私はその顧問が叩こうとする手を「パシッ」と自分の手で掴み、

「やめてください」なんて言ってました。(えぇ、生意気です)

仲の良かった部員が(可愛がられているのも半分あったと思うのですが)頭をバシバシ叩かれていたので、

その都度、私が「叩かないでください!」と、言っていました。

その顧問は半分笑いながら、時々本気でキレる(怒鳴る)。

私たちも半分笑いながらのテンションでしか歯向かえない。(私はそれでも本気で止めたかったけど)

それでも叩くことはなくなりませんでした。

 

ある時なんて、試合のハーフタイムの時にキレた顧問が私たちを体育館の倉庫に連れて行き、

一列に並べて端から順にビンタ、すごい剣幕で怒鳴る。

呆れましたね。

母親たちも見に来ているというのに。(見えない所へ連れて行ってのことですが、不審な行動です)

私はその後、そういうことがあったと母に伝えたと思いますが、

母は特に問題視していませんでした。

そういう時代に生きた人で、まだまだ当時もそういう時代だったのです。

私は当時からこんなことは間違っていると思っていたので、

現在、パワハラ、暴力などがクローズアップされているのをメディアで見聞きして、

時代が変わってきていると感じています。

 

自分の子どもにはこんな理不尽な暴力を受けてほしくないです。

自分の血を引いているので、もしそんな目にあっても強く生きていける子たちだとは思っていますが、悲しみと怒りを生むだけです。

平和から逆行することには「NO!」と言わなければなりません。

 

 

セクハラと暴力はずっと記憶に残っています。

 

 

 

f:id:chiko736:20181119151813j:plain

 

 

 

 

読者になっていただけると嬉しいです。

 

こちらも応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

 

 

車検から帰ってきた我が家の車がまるで…。

f:id:chiko736:20181119010846j:plain

写真はイメージです。


先日、車検に出していたマイカー(黒のミニバン)が我が家に帰ってきました。

(私はペーパードライバーなので夫が全ての手配をしてくれます)

 

マイカーが我が家に帰ってきたのは夕方でした。

その日私は帰ってきたマイカーを確認することもなく翌朝を迎えました。

 

朝、仕事に向かおうと玄関を出たら、

帰ってきたマイカーが異様に黒光りしておりました。

もう、ピッカピカ!

なんか黒すぎない?と違和感を抱きながらその時は急いでいたので素通り。

 

そして帰宅後、やはりピッカピカのマイカーが黒すぎて眺めていたところ、

ふと視界に入ったのは、

テッカテカでピッカピカでものすごく黒光りしている

 

タイヤ。

 

ついにタイヤ交換したんだ~。

もう交換した方がいいかもって夫も言ってたし。

 

しっかし車体といいタイヤといい、黒光りしすぎて不気味…。

まるで、まるでこれは…

 

 

G!

 

(Gってほら、あれです。みんなの天敵、ゴ〇〇リ)

 

もーなんか気持ち悪い~。

直視できない~。

 

なんて思いつつも、

テッカテカのピッカピカの車体にはしばらく目を奪われました。

(そのうち雨風にさらされてまた汚くなっていくのですが切ないです)

 

後日、夫と夕飯を共にしている時にふと思い出したので、

私「そう言えばタイヤ交換したんだね!すっごいきれいで黒光りしててびっくりした~」

と言ったところ、

夫「え、交換してないよ」

私「そうなの!?」

 

…えぇ!?交換してなかったの?

じゃああのG並みの黒光りは車検してくれた人が一生懸命磨いてくれったってわけ?

すごいー!車検の人!!!

 

と、心の中で思った私でした。

 

 

ちなみに、我が家は新築で入居して以来6年くらい経ちますが、

未だに家の中でGに遭遇したことはありません。

玄関の外、ベランダの外、一階の窓の外全てに

屋外用ブラックキャップを仕込んでいるから、としか考えられません。

G対策はそれだけなので。

 

ちなみに、一度、玄関の外で死んでいるGに遭遇したことはあります。

屋外用ブラックキャップの餌を食べて去る途中に息絶えたのでしょう。

取り換え忘れのないように、まとめ買いしてあります。

半年ごとに取り替えます。

このままGとは無縁の生活を送れたら幸いでございます。

 

 

 

 

最後に、季節外れですが色がきれいなので。

f:id:chiko736:20181118174445j:plain

 

それではまた。

 

 



 

読者になっていただけると嬉しいです。

 

こちらも応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

 

 

ブログ開設から2週間。フリー画像と自然と東京と

f:id:chiko736:20181118184535j:plain

 

ブログを始めて二週間が経とうとしています。

スターをつけてくださった方、読者になってくださった方、

はてなブログ以外から見に来てくださっている方、

皆さまありがとうざいます。

 

この度、ブログデザインを変えました。

ブログ開設をした二週間前は、

タイトルの「平穏」に合う暖かな色味に惹かれて暖色ピンク系のデザインを選びました。

それはそれで可愛くて気に入っていたのですが、

なんかちょっと自分の保ちたいイメージと違うかなと思い始めて

今度はグレーベースでブルー系のシンプルなものにしました。

真っ白デザインも良かったのですが、

自分なりの理想の文字の大きさ、字体、トータルデザイン、バランス等を踏まえて、

こちらでやってみようと思った次第です。

 

ブログ運営をする上で、ブログデザインの変更って皆さんどの程度しているのでしょう。

そんなに頻繁に変えるものではないと思いますが、ちょっとだけ気になりました。

 

前回の記事でフリーの花の画像を貼り付けたところ、自己満足ですが雰囲気が出るなと思い、

フリー画像からきれいな花の画像を探してブログに貼り付けることが自分の中でブームになりそうです。

貼り付けた画像がより映えるブログデザインにしたい、というのもデザイン変更の理由の一つでした。

真っ白デザインが一番だとは思うのですが、トータル的に考えてこのデザインで。

 

ブログ タイトルの文字がちょっと大きすぎるのが気になりますが、

もうひとつ候補にしていたのはブログタイトル文字が小さすぎたので、

小さすぎるよりは大きめのほうがわかりやすいかと思いました。

あと、ブログタイトルの文字の色が気に入りました。

 

 

f:id:chiko736:20181118183438j:plain


花ではなく海の画像もきれいなものがたくさんありました。

フリー画像、使えますね。

美しい写真が撮れるって素敵。

なかなかゆっくりと美しい自然に触れ合う機会が作れないので、

このようなきれいな写真で自分を癒したいと思います。

このブログを見てくださった方も少しの癒しを感じていただけたら幸いです。

 

 

f:id:chiko736:20181118175646j:plain

 

この週末は二日間とも子供たちに何かと予定があり(塾のテストや習い事の集まり)、

親子でどこかに出かけたくてもなかなか叶いません。

(出かけたいと思っているのは私だけかもしれませんが、どこか自然あふれる場所に行きたい、親子で。一人では平日休みの時に行けるので)

 

自然に飢えています。

木々生い茂る山でハイキングをしたり、

海辺で海風にあたり潮の匂いを感じたり、

満天の星空を眺めたり…

そんなことがしたいのです。

 

都内はほんっとうに星がいくつかしか見えません。

実家では流れ星も普通に見えていたのに、

こちらの星が見えない暮らしの方が人生の半分を超えてしまいました。

地方出身の者としては、こんなにも星の見えない生活でいいのだろうか?という疑問がわきます。

また、360°見渡しても山の見えない関東平野に時々改めて驚くことがあります。

私の育った地方ではどこかの方角に必ず山が見えていたので。

しかし、東京出身者である我が子たちにとっては星が見えないことが普通のことなのです。

しかも私も望んで東京に住み続け、このままずっと東京の人になっていく覚悟はしています。

東京が好きな場所であるのは間違いないのです。

人混みで溢れかえっているところもあれば、静かに暮らせるところもあるのです。

もちろん緑が全くないわけではないのです。

だけど時々は家族で自然あふれるところへ出かけたい、ただそれだけです。

 

都内にも緑の多い公園はあるので最近では一人で公園に行ったりもします。

近場で言うと、代々木公園と駒沢公園がお気に入りです。

 

そろそろまたウォーキングに行きたい。

 少しの運動は頭と体がスッキリしてリフレッシュできます!

 

 それではまた!

 

 

 

読者になっていただけると嬉しいです。

 

こちらも応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

 

 

100円ショップとカオスとエンパス

 

f:id:chiko736:20181117211958j:plain

 

100円ショップって人気ですよね。

安いからつい余計なものまで買ってしまうので、

私は目的がない限り行きません。

 

なので行ったとしても年に数回。

 

今日は目的があったので、数か月ぶりに最寄りの某100円ショップに行きました。

 

特に何も考えず、目的の商品あるかな~?と入店しました。

 が、その瞬間、

 

酸素が薄いようなモヤモヤした空気に息が詰まり、

適温より少し高い不快な室温、

目がちかちかしてきて、

頭も痛くなる。

 

この空気感、カオス。

 

この店舗に来るといつも気分が優れないのです。

 

平日のすいている時はまだマシなのですが、

今日は土曜日、訪れている老若男女がたくさんいて、

狭い通路も通りづらい、

狭い店舗なのでレジは長蛇の列。

 

とても長居は出来ないので目的の商品をチェックして、

(とりあえず商品があるかどうかの確認だけでよかったので購入はせず)

すぐに退店しました。

 

そのあとは別のお店で買い物をしたのですが、

さっきの100円ショップの余韻のせいか、

土曜日で街が混んでいるからか、

頭痛と目のチカチカが治まらず(空気も乾燥していたのでそのせいもある?)

買い物を終えて帰宅後、ソファーで横になっていました。

 

しばらく行っていなかったので忘れていたカオススポット。

 

いろんな人々のいろんな事情が渦巻いている

まさに混沌とした空気

あの狭いワンフロアに凝縮されていました。

 

他の広い店舗だったら平気だったりするのですが、

この店舗は照明も薄暗くてなにか変なのです。

 

ここ最近特にそういう場所が苦痛になってきているので、

今後は避けようと思います。

 

 

人混み、

特に週末の人混みって苦手です。

 

昔、住みたい街ランキングトップに入る街に住んでいたことがあるのですが、

やはり週末は多くの人でごった返していて、

商店街も自分のペースでまっすぐ歩けず

駅に行くにも人をよけながらじゃないと前に進めない状態で、

それがとてもストレスになっていました。

そして住んでいた部屋の更新時期が来ても更新せず、

各駅停車しか止まらない静かな駅に引っ越しました。

 

人混みに行くと、

そこにいる人達の様々な「気」「想念」というのか、

浮足立った気持ちや、イライラした気持ち、

忙しなく落ち着きのない気持ちや雰囲気を感じて

ドッと疲れます。

 

感じやすいのです。

そんなことをネットでいろい調べていたら、

どうやら「共感しやすい」らしいです。

 

スピリチュアルを読み漁っていた時に知った、

他人の感情に敏感な人のことを指す

エンパス(超共感力とも言う)。

 

他人の感情だけではなく、自分の領域の外にあるものと自然と同調しやすい性質を持っているそうです。

 

エンパスの主な特徴として、

 

人の感情や場所のエネルギーに敏感。

争いや暴力の場面にめっぽう弱い。

ドキュメンタリーが好き。

人込みでは異様に疲れる。

人の顔色を伺ったり人に合わせてしまいがち。

ひとりで静かに過ごすリセット時間が必要。

きれい好き、芸術的なものや美味しいものに惹かれる。

人の言葉の裏にあるものを感じるので、嘘を見抜く。

自分で自分がわからなくなる時がある。

聞き上手。

スピリチュアルなことに興味を持つ。

などなど。

 

「共感しすぎて生きにくい」のだと。

 

今までいろいろと自分のこういうところが気になってネットで調べていたのですが、

エンパスのことを知ってからは、

このエンパスが自分に一番しっくりくる言葉だと思いました。

 

日本人の20%はエンパスではないかと言われているそうです。

当ブログはスピリチュアルブログではないので詳しく書きませんが、思い当たる方は検索してみてください。

いろんなサイトでいろいろな方が記事を書いています。

上のエンパスの特徴ももっと詳しく書いているサイトは沢山あります。

 自分にしっくりくるものが見つかるといいです。

 

 

さて、そんなこんなで生きにくい私、

最近では特に生きにくいと悩まなくなりました。

それはなぜかというと、

 

自分に合わない物事や人や場所、

疲れそうな物事や人や場所を

 

なるべく避けて暮らしているからです。

 

 自分に必要な物事や人を選んで生きています。

 

ざっくり言っていますが、

もちろん相手とトラブルにならないように穏やかに対応しています。 

(あ、もちろん子供の事で避けて通れないことはやっています)

 

それでいいんだって、やっと実感できました。

楽になりました~。

これからの私の未来が楽しみです。

 

 

 

 

読者になっていただけると嬉しいです。

 

こちらも応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村